Living in India


インド・デリーの駐在生活
by eco1031
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Jewelry Debut

a0169084_18232557.jpg

駐在員マダム御用達のジュエラーへ行ってきました。

ホテル内のこのジュエラーは日本人マダムが足しげく(?)通う有名なお店。
インドはダイヤモンド加工量が世界一!
本当にお手頃にダイヤモンドを購入することができます。

インドジュエリーはとかく派手なものが多いのですが
こちらのお店は日本人好みの品ぞろえで、マダム達もメロメロです016.gif

「ダイヤモンドのリングを見せて欲しい」というと、
これでもかというくらいたくさんのリングを並べてくれ、
一つ一つじっくりと見ることができます。
気に入ったものがあれば、別によけておいて、ああでもないこうでもないと選ぶ楽しさ。

マリッジリングに重ねられるエタニティーから、
パーティにも着けて行くことのできるゴージャスなものまで。
また、今日届いたばかりというルースのダイヤモンドまで見せていただき、幸せの絶頂072.gif

「今日は見るだけだから…」と言いつつ、気になったリングのお値段をチェック。
…信じられないくらい、お手頃です。

でも、やっぱり今日は見るだけ。
でも、せっかく来たのだから、と、シルバーの台のペンダントヘッドを購入しました。

レモントパーズのこの石は長さ2.5センチほどもあり、かなり大ぶりです。
手持ちのバカラのペンダントのコードを通したら、本当にピッタリ053.gif
(左のブロンズカラーのヘッドは元々ついていたバカラのもの)

これでお値段1100ルピー。(約2000円)

夫には「ガラス玉じゃないの?」と言われましたが、
ガラス玉にしてもこのお値段だったら、OKです。

いずれはダイヤモンド072.gifと思っていますが、
今のところはこれだけでも十分Happyです。
[PR]
by eco1031 | 2010-10-25 18:21 | shopping

Dastkar Nature Bazzar

a0169084_17375041.jpg

Indira Gandhi National Center For the Artsで行われている
Dastkar Nature Bazzarへ行ってきました。

これはインド国内の手工芸品等を販売するイベントのようです。
皮製品、布製品、ペーパーアイテム、アクセサリーから家具まで、
幅広い品ぞろえです。

a0169084_1747231.jpg

どこをみてもインドらしいカラフルな品ぞろえ。
見ているだけでも楽しく、それぞれのブースを覗いて歩きました。

お昼はちょっとドキドキしながら飲食コーナーで016.gif
a0169084_17495215.jpg

名前がわからなかったので、「これをください」と指を指してオーダー。
どうも左の二つは「Vada(ヴァーダ)」という豆から作ったドーナッツ風の揚げパンのようです。
それと、右の二つはもちもちとした揚げパン。
これの名前はわかりません。

でも、どちらもなかなかgood!
上の3種類のソース(カレー?)をつけながらいただきました。
これにパイナップルジュースをつけて100ルピー(180円くらい)です。

あれこれと楽しく迷いながら購入したものはこちら。
a0169084_17574476.jpg

カットワークの美しいカード。
インド風のモチーフ(ペイズリーや植物)のカード。
バングル。

インドのこういった製品を購入するのは初めてでしたが
なかなか楽しかったです。
そのうち、家の中がインド化されていくかもしれません…。
[PR]
by eco1031 | 2010-10-23 10:35 | shopping

インド門

a0169084_17132955.jpg

インド観光第2弾は「インド門」です。

「インド門」は、第1次世界大戦で戦死したインド兵士の慰霊碑です。
インドは戦後の独立を条件にイギリスに協力して参戦したものの、
大きな犠牲と引き換えの独立は実現しませんでした。

この壁面には戦没者1万3500人の名前が刻まれています。


このインド門は高さ42メートル。
パリの凱旋門は高さ50メートル。

パリの凱旋門のほうが大きくてエレガントですが
インド門もなかなか風格があります。

a0169084_1721596.jpg

このインド門の周りは大きな公園になっていて
インドの人々の憩いの場になっているようです。
10月の後半になっていてもまだまだ日差しが強く、
木陰で休む人たちやアイスクリームを食べている人たち。
走り回って遊ぶ子どもたち等々…とてものんびりとした雰囲気でした。

しかし、ここも間違いなく観光スポット。
私たちが歩いていると、
右から左から、物売りの人たちがワラワラと寄ってきて

「コレ、ヤスイヨ!カード(絵はがき) センエン!!」

「See!」といいながら、プラスチックの竹トンボみたいなものを
ひたすら飛ばし続ける人。

「シャシン!トルヨ!」とカメラを向ける人たち。

その人たちを横目にひたすら歩き続ける私たち。
でも、最後の最後までついてきた「竹トンボ」のお兄さんに根負けして
とうとうお買い上げ。
竹トンボ5つで100ルピー(約180円)

今度一時帰国した時の、子どものお友達のお土産になりそうです。
[PR]
by eco1031 | 2010-10-22 17:12 | sightseeing

水トラブル

昨日今日と、水のトラブルが発生しました007.gif

昨日の朝、お弁当と朝食を作り終えたころ、
夫が「水が出ない!」

急いで家じゅうの水道をチェックしたところ、
ほぼ全てが、チョロチョロとしか水が出ない状態に007.gif007.gif

幸い食事の準備ができていたため、
家族が顔を洗ったり歯磨きをするのには、
ペットボトルの水を使ってなんとかしのぐことができました。

原因は門番031.gif
毎日、朝晩1時間ずつ屋上のタンクに水を汲み上げるために
モーターのスイッチをいれなくてはいけないのですが
どうも忘れたらしい015.gif

なぜかよくわかりませんが、
スイッチを入れてもらっても
そのままでは水がでてこないそうなので
いつもの「なんでも屋」に来てもらい、水が出るようにしてもらいました。

門番には「ちゃんとスイッチを入れるように!」と釘を刺しておきました。

おかげでヨガに行くはずが、トラブル対応のために一日家で過ごすことに。


  * * * * * * * * * * * * * * *


そして今日は、日本で時間がなくて行けなかったマッサージへ。
コリをほぐしてもらい、家に帰ってみると、サーバントが
「マダム、今日は2時間、水が出ませんでした。洗濯機も途中で止まってしまいました。」

えーっ033.gif033.gif033.gif

「門番に屋上のタンクをチェックさせたら、4つのタンクのうち2つが空でした。」

またしても、「なんでも屋」の登場。
この脱力感を、なぜかこの「なんでも屋」にぶつけてしまい、
「なんで、昨日今日、こんなに続くの??」

「24時間体制の門番の交代の時に、うまく連絡が取れていないようです。」

でも昨日、ちゃんと言ったのに。
これで明日も水が出なかったら怒ってしまうかも。

おかげで途中だった洗濯は私がすることに。
先ほど無事に干し終わりました015.gif
[PR]
by eco1031 | 2010-10-20 20:34 | life

フマユーン廟

a0169084_19595218.jpg

日本一時帰国前になりますが、デリーにある3つの世界遺産のうちの一つ
「フマユーン廟」へ行ってきました。

フマユーン廟はムガール帝国第2代皇帝フマユーンの廟で、
妃のハージー・ベーガムが建築をさせたものです。
9年の歳月をかけ1565年に完成。

妃の出身地であるペルシアとインドの建築様式が融合したムガール建築が
この廟によって発祥したと言われています。
また、このフマユーン廟は、タージマハルの原型ともなりました。

チケットを購入して、まず見えるのがこの西門。
a0169084_2083447.jpg

西門をくぐると、正方形に整備された広い庭園の中の廟が見えます。

赤砂岩と大理石のコントラストがとても美しいこの建物が
500年も前に作られたかと思うと、とても感慨深いものがあります。

廟の正面の急な階段を上り、2層目のテラスから見るデリーの景色は最高。
緑あふれる街の中にところどころ見えるドーム建築が
ここが、まさにインドであることを実感させてくれます。

廟の中に入ると気のせいかひんやりとした空気。
a0169084_20171333.jpg

窓から差し込む光がとても美しく、厳かな雰囲気が漂っています。
フマユーン帝だけでなく、その妃、そしてその子孫が葬られている部屋が並び、
それぞれが美しい細工が施されていました。

これだけの建築を500年保存してきたインド。
私たちが訪れた時も、廟内で作業している人たちが…。
でも、その作業を見る限り修理しているのか壊しているのかわからないような015.gif
とても世界遺産を扱っているようには見えなかったのは私だけでしょうか??
[PR]
by eco1031 | 2010-10-17 20:30 | sightseeing

ハイティー@AMAN HOTEL

a0169084_203088.jpg

昨夜インドに戻ってきました001.gif
今朝は時差のためずいぶんと早起き。
昨日のうちに荷物をだいぶ片付けたため、今日は比較的ゆとりのある一日でした。

午前中、荷物の片づけを少々。
自宅で簡単な昼食をとり、夫の用事を済ませがてら家族揃って外出。

そしてかねてから駐在員マダムお勧めのアマンホテルのハイティーへ016.gif
こちらのホテルに足を運んだのは今日が初めて。
自宅の程近くにある、世界のリゾート通御用達のアマンです。

要塞のような建物は遠くから見てもとても目を引き
市街地にありながら隠れ家的な静寂な雰囲気にちょっとドキドキ。
ホテルにありがちな様々なサインが全くなく、一体どこがロビーなのかわからないくらい。
でも、これもゲスト一人一人にスタッフがつくために必要がないとか。

ライブラリーでいただくハイティーは格別。
重厚でありながらモダンなインテリアで、落ち着いた雰囲気が心地よかったです。

デザートも決して種類は多くはありませんが
とても美味しく、十分満足できる内容でした。

この雰囲気になじまない子連れの私たちでしたが
子どもたちにもとても丁寧に応対してくれ、大変気遣いをいただきました。

こちらのホテルはSpaも大変素晴らしいそうで
Spaメニューも見せていただきました。
次はSpaを体験するために是非訪れたいと思います。
[PR]
by eco1031 | 2010-10-17 02:46 | tea & sweets

最後の夜

a0169084_20345333.jpg

いよいよ明日のフライトでインドへ。
今日は丸ビルの見えるホテルに前泊です。

2週間弱の日本滞在で
心身ともにリフレッシュすることができました。
今回の一時帰国で改めて日本の良さを実感し、
インドで頑張ることのできる
パワーをもらいました。

双方の両親が子ども達の顔を見て喜んでくれたことが
何よりだったと思います。

明日は少し早起きして
成田へ向かいます。
[PR]
by eco1031 | 2010-10-14 20:34 | living in Japan

嬉しい差し入れ

a0169084_1820174.jpg

日本滞在も折り返し地点を過ぎ、
いよいよ買い出しに走り始めています。
インドへ持ち帰るものはどんどん買っていますが
日本の冷蔵庫はできるだけすっきりさせたいので
中身はシンプル。
要するに、簡単な食生活ということでしょうか…。

そんな中、友人から手作りパンを頂きました。
美味しそう~。

以前も手作りのお菓子を頂いたことがありましたが
最近はパン作りもされているそうです。

私よりずいぶん若いのですが、
とても落ち着いていて品のある素敵な彼女からは
学ぶところが多く
会うたびに刺激を受けています。

私が日本で落ち着かない日々を過ごしているのを気遣い
我が家のお気に入りのお店から
お持ち帰りメニューの品と
「明日の朝食に」
と、焼きたてパンを届けて下さいました。

明日の朝に、楽しみにいただきますね。
本当にありがとうございました。
[PR]
by eco1031 | 2010-10-12 18:20 | living in Japan

当たり前の生活に感謝

a0169084_1914948.jpg

日本に一時帰国をし、
自宅近くのカフェでティータイム。
バナナのタルトとカプチーノを頂きました。

日本を離れてたった一ヶ月半ですが
ずいぶん長く離れていたように感じます。

昨日自宅に戻り、家に上がった瞬間の
フローリングの柔らかい感触、
私の身長に合わせて作ったキッチン、
畳に寝転んだ解放感、
たっぷりとお湯を張ったお風呂…。
何から何まで嬉しくて
本当に幸せを感じました。

当座の食料を買うために足を運んだスーパーにも
ハエはいないし、野良犬もいない。
車を運転しても、交通ルールがきちんと守られている。

当たり前のことが当たり前でないインド。
だからこそ、日本のごく普通の生活に
感謝したいと思います。

2週間弱の日本の生活ですが、
しっかり充電して帰りたいと思います。
[PR]
by eco1031 | 2010-10-05 19:14 | living in Japan

Common Wealth Games 開幕

a0169084_13225489.jpg

いよいよ今日からコモンウェルスゲームが開幕します。
今日のこの日を迎えるまで、本当にバタバタとしました。
詳しい記事はこちら

崩落した橋は軍が出動して「記録的は速さ、6日で修理完了!」とでかでかと新聞に載り、
インドでもちゃんとできるんだ、と強調。
a0169084_13301362.jpg

青い部分が崩落し、新たに橋がかけられました。

だったら、最初からきちんと工事をすればよかったのに。
それに、この橋が安全かどうかもあやしいものです。

路上生活者の移動も試みたようですがうまくいかず、
緊急措置として、テントなどのバラック前に
コモンウェルスゲームのデザインを施した板を目隠しとして立てたようです。

そして、スタジアム近辺の交通規制も始まりました。
我が家はメインスタジアムから5分ほどのところにあるため
交通規制内に、完全に含まれてしまいました。

開会式の今日は、我が家の居住エリアは
朝8時から夜12時まで進入禁止になっています。
明日からの、規制はまだ具体的にはわかりませんが、
日常生活に大いに支障をきたすこと、間違いありません。

学校も2日から17日までお休みです。
多くの日本人の方々が、インド国外脱出です。

我が家も、急遽インドを離れることにしました。
今夜、日本に一時帰国します。
[PR]
by eco1031 | 2010-10-03 13:40 | life
カテゴリ
最新の記事
フィルミレンゲ!
at 2012-03-26 13:43
マカロン
at 2012-02-03 14:11
可愛すぎるtea time
at 2012-01-27 16:03
日本人学校 もちつき大会
at 2012-01-21 21:50
掛川城
at 2011-12-30 20:42
以前の記事
フォロー中のブログ
Link
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧