Living in India


インド・デリーの駐在生活
by eco1031
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Agra観光 -3-  アグラ城編

タージマハルを後にして向かったのがアグラ城。
a0169084_17511153.jpg

ムガール帝国第3代皇帝アクバルによって建てられ、
その後6代皇帝アウラングゼーブまでの居城となりました。
このお城は、タージマハルを建てたシャー・ジャハーンが
息子のアウラングゼーブによって幽閉されたことでも有名です。

赤砂岩で建てられたこのお城は、お城と言うより要塞という感じ。
実際、現在はやく敷地の80%がインド軍の施設となっていて
見学できるのは残りの20%のみとなっています。


緑の芝生と赤い建物の美しいコントラスト。
a0169084_17583442.jpg


一本一本の柱にも美しい彫刻が施されています。
a0169084_17594148.jpg



シャー・ジャハーンが妃を想いながら眺めたのがこちらの景色。
a0169084_1812977.jpg


ヤムナー河沿いに建つ、この二つの建物の中だけ
ゆったりとした時間が流れているような気がしました…。

     ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

建物の一歩外に出ると、それはそれはしつこい物売りの山。
いらないと言っても、車の中に乗っても品物を押しつけるしつこさ。
それを何とか振りほどき、昼食を取りにホテルへ。

外の喧騒が嘘のようなホテルのレストランでランチをとり
アグラを出発したのが3時。
予想通り夕方のラッシュに巻き込まれ、
デリーに着いたのが8時半でした。

ちょっとハードな日帰り旅行でしたが、
インドに住んでいる以上外せないアグラ観光。
とても充実して、疲れた一日でした。

でも、やはりタージマハルは一度は訪れるべき!ですね001.gif
[PR]
by eco1031 | 2010-11-30 17:49 | sightseeing

Agra観光 -2-  タージマハル編

タージマハルに着いたらまずここで入場券を買います。
a0169084_17202723.jpg

外国人価格750ルピーを支払い、ミネラルウォーターと靴カバーを受け取りました。

インドでは、あらゆる観光名所でインド人価格と外国人価格が設定されています。
でも、私たちのようにインドに住んでいて外国人登録をしていると
インド人と同じ金額で入ることができます。
が、タージマハルは対象外と言われてしまいました007.gif
でも、水とカバーがもらえるのでよしとしましょう。

a0169084_17251394.jpg

このメインゲートをくぐると…
a0169084_17264250.jpg

タージマハルの登場016.gif016.gif
白亜の霊廟が目に飛び込んできます!!

a0169084_1728399.jpg

期待を裏切らない美しいタージマハル。
水路に映る逆さタージも美しいですね072.gif

ご存じの通り、タージマハルはムガール帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンの妃
ムムターズ・マハルのお墓です。
以前に訪れたフマユーン廟の影響を受けたと言われています。
1631年から22年の歳月をかけて、天文学的な莫大な費用を費やして造られました。

a0169084_17372845.jpg

こちらの彫刻は、一枚の大理石から彫り出されたもの。
周りを取り囲んでいる花も、描いてあるものではなく宝石が埋め込まれています。
当時、中国、中東、ヨーロッパから取り寄せたものだそうです。

見れば見るほど、ため息が出てしまう美しさ&豪華さ。
これほどまでに愛されたお妃は本当に幸せですね。

でも、ヤムナー河をはさんで黒いタージを作ろうとしていたシャー・ジャハーンは、
あまりの国費のつぎ込みに、息子に捕えられ、アグラ城に幽閉されてしまうのでした…。

私たちが見学を終えて、廟の正面に戻ってくると、既に長い列が!
a0169084_17461613.jpg

10時過ぎると、途端に混みだして霊廟の中に入るのに2時間待ち…とかになるそうです。
2時間待って棺を見るのは…と思う方は、早めに行くことをお勧めします。
[PR]
by eco1031 | 2010-11-29 17:18 | sightseeing

Agra観光 -1-  出発編

a0169084_16565235.jpg

週末にアグラへ行ってきました。
アグラはあのタージマハルがある街です。

朝5時に自宅を出発。
デリーから約200㎞南の街アグラを目指して、ひたすら南下。

夜明け前に出発し、朝日が昇ってきたところで休憩をしました。
日本と違い、休憩所がないインド。
(厳密にはたくさん休憩ができる食堂??がありますが、
 日本人の利用に耐えうる場所ではありません…)
唯一休憩が可能なマクドナルドで、小休止。
マクドナルド到着が7:20。
飲み物とナゲット等の軽食をとり、20分ほど休憩。
そしてまたアグラを目指しました。

アグラ市内に入るころには既に朝の渋滞が始まり、
車と人と牛をよけながらタージマハルを目指します。

タージマハルはご存じの通り、世界一美しいお墓。
世界中から多くの観光客がこのお墓を観に訪れます。
そのため、タージマハルの大理石が溶けかかっている(??)とか。

従って、タージマハルから少し離れた駐車場で車を降り、
そこからはオートリキシャー、馬車、ラクダ車など、
エコな乗り物に乗り換えなければなりません。

9時少し前に駐車場の到着。
駐車場に着くなり、わらわらと私たちに人がタカル005.gif
それぞれの乗り物の運転手たちです。
大きな声で金額を提示しながら、自分の乗り物に乗せようと必死の形相033.gif

結局子どもたちのリクエストでラクダ車に乗ることに決定。
a0169084_1710381.jpg

まあ、このラクダの遅いこと遅いこと。
しかも、後ろから来るラクダの鼻先が、私たちに超接近010.gif
みんなでキャーキャー言いながら、大騒ぎ。
インドならではの乗り物に乗って、大正解。
結構楽しかったです。
[PR]
by eco1031 | 2010-11-28 16:55 | sightseeing

ニューデリー日本人学校&日本人会運動会

a0169084_1323398.jpg

記事が前後してしまいましたが、さる11月21日に日本人学校の運動会がありました。
この運動会は、日本人学校だけでなく日本人会と共催のため
大変盛大な運動会でした。

日本人学校の運動会は、
幼稚園から中学3年生までが一緒に参加します。
幼稚園の子どもたちの可愛い競技から、
大人顔負けの迫力ある中学生のリレーまで、大変見ごたえのある競技ばかり。

そしてニューデリーに駐在している駐在員たちが参加する競技も見逃せません。
各企業が4チームに分かれて、必死になって競技に取り組むお父さんの姿は
一緒に参加したご家族の皆さんにもしっかりアピールできたのではないでしょうか。

この運動会で一番のハイライトは、
幼稚園から中学生までが一緒に踊る「Indian Dance」
みんなお揃いの衣装を着て、グランドいっぱいになって踊る姿は壮観です。
a0169084_13352513.jpg


生徒200人弱の小さな学校ですが、
学校・企業が一体になって作り上げる運動会は、大変素晴らしかったです。

決して走るのが速くない我が子も、
全員参加のリレーがとても楽しかったようです。
「日本だと速い人しかリレーに出られないけど、
インドの学校はみんなが出られるから嬉しかった!」
走っている時の写真を見ると、
子ども二人ともニコニコと嬉しそうに走っていました003.gif

今年は紅組が優勝!
白組だった子ども②は、早くも来年のリベンジを誓っていました。
[PR]
by eco1031 | 2010-11-26 13:22 | kids

インド生活の現実

最近は、ジュエリーやパリ旅行、ランチパーティーなど
とても華やかな駐在員妻の一面を記事にしていました。

これだけを見ると、インドもいいじゃない?なんて思う方もいらっしゃるかもしれません。
でも、日々の生活はかなり過酷です007.gif

自宅の裏手の家。
a0169084_2135016.jpg

道路に面した表通りは、どの家もなかなか綺麗ですが裏手はこの通り。
ハトやカラスが群がり、フン害を及ぼすため洗濯物も干せません。

ちょっとした雨が降ると、道路はすぐに冠水。
a0169084_2173710.jpg

ちなみにこのバイクは道路を逆走中。

冠水した道路で遊ぶ子ども。
a0169084_220556.jpg

衛生状態の悪いインドで日本人の子どもがこんなことをしたら
すぐに体を壊します。

水、食べ物には十分気をつけているつもりでしたが
我が家も先日、とうとうダウン007.gif

まずはじめに、子ども①が突然の高熱・嘔吐・下痢に。
上から下から、これ以上体に残っていない!というほどひどいもので
とうとう緊急入院。
当然付き添いが必要なので、夫と私で交代で泊まり込み。
家にいる方が、子ども②の食事・お弁当づくりを担当。
2泊3日で退院できたものの、その後数日自宅療養に。

子ども①が治ったと思ったら、今度は子ども②が発熱。
2日の高熱を経て、なんとか解熱。

子ども②が治った翌日、今度は私が激しくお腹を壊す。
体内の水分が一日で全て抜けきるほどのひどさ。
幸い日曜で夫が在宅していたため、
一日の家事を全て負担してくれました。
その間私は起きる元気もなく、一日横になっていました。
驚いたことに、なんと一日で体重が2キロ弱減っていました。

薬と気合で一日で何とか復活したのもつかの間、
子ども②がお腹を壊す。
丸二日、何も食べられない状況が続き、親子共々、体力の限界が…。
3日学校休み、ようやく回復。

これが2週間弱の間に起こりました007.gif
インドの生活に慣れてきていたところの出来事で
今回ばかりは、さすがの私も凹みました002.gif

はぁ~。

今週はみんな復活し、元気に頑張ろう!と言っていましたが、
今日は、私が呼んだタクシーが走行中に故障021.gif
目的地目前で、ピクリとも動かなくなり、
ついにはドライバーが
「マダム、あそこに見えるのが目的地のモールだから、歩いていってくれ。」
と、車から降ろされてしまいました022.gif
「そこの交差点で道路が渡れるから。」
というものの、
そこは片側2車線(実質4車線)、横断歩道なし、信号無視の大きな交差点。
「なんでこんな目に会うの~!」と心の中で思いながら、
それでも、車をすり抜け道路を渡るワタシ。

日々、体を張って生活しています。
[PR]
by eco1031 | 2010-11-25 03:01 | life

さくら会ランチパーティー

a0169084_18123020.jpg

ニューデリー日本人会婦人部(さくら会)のランチパーティーがありました。
ホテルのバンケットをお借りしての盛大なパーティーです。
ニューデリーに在住の日本人女性が一堂に集い楽しいひと時を過ごしました。

今回の参加者は200名以上!
年々参加者が増え、華やかなイベントになっているそうです。

参加者のおよそ7~8割はインドの民族衣装である色とりどりのサリーを纏い、
まばゆいばかりの華やかなパーティーでした。

まずは「さくら会」らしく、ロゼのシャンパンで乾杯069.gif
駐印日本大使夫人や、日本人会会長のご挨拶から始まり、
インド舞踊やコーラスを観賞。

お食事もコース仕立ての美味しいお料理を楽しみました。

このランチパーティーは、
日本人会婦人部の役員の方々が企画され、本当に盛りだくさん003.gif
豪華賞品をかけたクイズ大会では、あちこちで歓声とため息が072.gif
シンガポール往復航空券やダイヤモンドジュエリーなど、
素晴らしい商品が次々に当たりました。

日頃、過酷な(本当です031.gif)インド生活を送っている皆さんの
年に一回のお楽しみ。
おしゃれをして出かけるところもなく、
日々インドの不条理にめげずにたくましく生活している私たちにとって
つかの間の休息でした。

私もサリーで参加をしようと思っていたのですが
なかなか買いに行く時間もなく、今回はドレスで。
でも、初めての参加で皆さんの様子がわかったので
来年はサリーに挑戦してみようかしらと思っています。

そして来年こそは、素敵な賞品が当たることを祈って006.gif
[PR]
by eco1031 | 2010-11-14 18:01 | life

Paris 旅行 -8- 番外編 おいしいもの

パリを訪れるにあたり、是非行きたかったのがLaduree053.gif

10年前にパリで初めてラデュレのマカロンを食べて「何ておいしいの!」と、
その時からマカロン好きに016.gif
日本のお菓子教室でマカロンの作り方を習い、
昨年のバレンタインの時期には何十個もマカロンを作る日々。

日本でも機会があればラデュレのマカロンを購入しては幸せを感じていました。

今回はホテル近くのシャンゼリゼ店に足を運び、ランチをいただきました。
a0169084_15492451.jpg

いただいたのはSalad Laduree。
見ての通りかなりのボリュームです。
ルッコラ・アスパラ・アーティチョークなどなどのグリーンと
松の実等のナッツがふんだんに使われ、本当においしかったです。
a0169084_15525163.jpg

紅茶もgood!

本当はケーキもいただきたかったのですが、
お腹がいっぱいでとてもオーダーはできませんでした。残念。

でも、キッズメニューがメイン・サイド・ドリンク・デザート付で18ユーロ。
デザートはマカロン、アイスクリーム、チョコレートケーキから選べるのですが
マカロンを選んだら、なんと4つもついてきました!
これってかなりお得ですよね?

私がラデュレのマカロン大好きなのを知っている子どもは
「お母さんにあげるね053.gif」と一つ分けてくれました。
ありがとう!

もう一つ口にしたかったのがLa maison du chocolatのエクレア。
a0169084_15594425.jpg

こちらもホテルから歩いてすぐのショップへ。
この時は、子どもたちが疲れてしまっていたので私だけで。

ちょうど私が行った時は、他に一人しかお客さんがいなかったため
店員さんたちがとてもフレンドリーに応対してくれました。
チョコレートの詳しい説明をしてくれたり、試食をさせてくれたり016.gif

そして自宅用、お土産用のチョコレートと
ホテルでいただくおやつ用にエクレアをお買い上げ。
プレーン(普通)とキャラメルのエクレアです。
本当はキャラメルではなくてコーヒーのエクレアがよかったのですが
残念ながら売り切れ。

さすがチョコレート専門店だけあって、
とても濃厚なチョコレートクリームでとても美味しかったです。
キャラメルはちょっと私には濃厚すぎたかな?

他にも美味しいもの、たくさん狙っていたのですが
スケジュールの都合上、あきらめたものが多々あります。

でも、どこへいっても大抵は間違いがなく、
何でも美味しくいただくことができました。
これはインドとは大違いですね~。

そのほかにも、ブルターニュのお塩やクッキー、ヴァローナのチョコレートなど
美味しいものをたくさんスーツケースに詰め込んで、
インドへ戻りました001.gif
[PR]
by eco1031 | 2010-11-12 15:42 | 旅行 Paris

Paris 旅行 -7- サクレ=クール聖堂

a0169084_1517459.jpg

パリ最後の観光は、モンマルトルのサクレ=クール聖堂です。
やはりこの日もあいにくの小雨007.gif
せっかくの白い寺院がくすんで見えます。

メトロを降りて坂道を登ります。
聖堂の下からケーブルカーが出ているので、わずが数十メートルの距離を乗車006.gif
こちらはメトロのカルネが使えます。

モンマルトルの丘に建つサクレ=クール聖堂からはパリが一望できます053.gif
整然としたパリの街並みの中に浮かび上がるエッフェル塔や凱旋門。
なんて美しい街なんでしょう。
ヨーロッパには美しい街がたくさんありますが、
まさにパリは「花の都」。
また是非この街を訪れたい、心からそう思いました。

サクレ=クール聖堂を後にして、テルトル広場へ。
a0169084_15272073.jpg

画家の卵たちが集まるこの広場で、念願の似顔絵を描いてもらいました。
似ているような似ていないような???
でも、特徴がよくとらえられていて、とてもいい記念になりました。

この絵は日本に持ち帰って額装しようと思っています001.gif

     -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

Diwari休暇を利用した4泊5日のパリ旅行。
本当に楽しかったです。
子どもたちが少し大きくなったため、ヨーロッパも十分に楽しむことができました。

そうはいっても、子連れ旅行は大人だけの旅行に比べて
どうしても時間がかかり、スローペースになってしまいます。
今回の旅行はゆったりとしたスケジュールにしたつもりではありましたが
それでも幾つかあきらめたことも…007.gif(お買い物とか食事とか)

でも、家族揃って旅行できるのもあと数年??
これからもたくさん想い出を作っていきたいと思います003.gif
[PR]
by eco1031 | 2010-11-11 15:16 | 旅行 Paris

Paris 旅行 -6- モン・サン=ミッシェル

今回の旅行のハイライト(?)モンサンミッシェルです。
子どもたちはもちろん、私も夫も初めて訪れました。
パリからちょっと遠いため、今回は日本語バスツアーに参加。
朝7:30にパリを出発。
ひたすらモンサンミッシェル目指して高速を走ります。

フランスの田園風景を眺めながらのドライブは最高!
青々とし牧草地が広がり、のんびりと牛たちが歩いている風景。
フランスは牛まで可愛く見えてしまいます053.gif
なだらかな起伏のある丘は、日本では北海道位でしか見られない風景ですね。

パリを出発して約4時間。
突然現れたモンサンミッシェル!
a0169084_1429596.jpg

ぽっかりと浮かんだように見えるモンサンミッシェルに、
感動という言葉以外見つかりませんでした072.gif072.gif

雨が降ったり止んだりで、バスの中でも心配をしていたのですが
私たちの到着とともに、晴れ間が覗き一安心。

既にお昼の時間のため、まずは腹ごしらえ。
モンサンミッシェル名物のオムレツとシードルの昼食です。
a0169084_144459.jpg

しっかりと泡立てた生地をふわふわに焼いたオムレツ。
ちょっと不思議な食感…。シンプルなお味でした。

腹ごしらえが済んだら、ひたすら修道院への一本道を進みます。
見上げると修道院が迫って見えとても迫力があります。
a0169084_14412565.jpg

モンサンミッシェル名物オムレツの発祥のお店。
a0169084_14414493.jpg

モンサンミッシェルより陸地を望む。
a0169084_14421466.jpg

そして、ユゴーが「ラ・メルヴェイユ(驚異)」と称えた回廊庭園と賓客の間。
a0169084_14423882.jpg
a0169084_1443956.jpg

966年にこの修道院の建設が始まり、長い間増改築が繰り返され
現在の姿に落ち着いたのが16世紀の事。
様々な時代の建築様式が混在しながらも、美しく調和したこの修道院。
素晴らしいとか言いようがありませんでした。
迷路のように複雑な建物ですが、
かえってそれがこの修道院の歴史の深さを物語っているような気がしました。

モンサンミッシェルを後にするまさにその時、
雲の切れ間から太陽がのぞき、美しく修道院を照らしました。
a0169084_14433037.jpg

パリに戻ったのは夜8:30。
結構ハードなスケジュールでしたが、行った価値は十分にありました。
きっと子どもたちの脳裏に
「西洋の驚異」がしっかりと焼き付いてくれたに違いありません。
[PR]
by eco1031 | 2010-11-10 14:28 | 旅行 Paris

Paris 旅行 -5- ノートルダム大聖堂&ルーヴル美術館

a0169084_13581393.jpg

ノートルダム大聖堂の前でButobusを下車。
小雨の中、正面の入口に向かいます。
a0169084_13593014.jpg

雨の中入場待ちの長蛇の列が…。
でも、思ったよりスムーズに入場できました。
それにしてもレリーフが素晴らしいですね。

驚いたのが、
「前に、映画に出てきたよね、ここ。」と、子どもたちが言ったこと。
何のことかしばらく考えたのですが、
ディズニーの「Hunchback of Notre Dame」のことでした。
何年も前の事なのによく覚えていたなあと、感心。

a0169084_1444314.jpg

ノートルダムと言えば、やはりこのステンドグラス。
あいにくの雨でしたが、十分綺麗に見えました。
お天気が良かったら、もっと素晴らしかったでしょうね。

ノートルダムを後にして、途中昼食をとり、ルーヴルへ向かいました。
何を隠そう、私はパリ3回目にして初めてのルーブルでした016.gif
一度目は改装のため閉館中、二度目はルーヴルではなくてオルセーへ。
今回念願のルーヴルです。

雨が強くなってきた中の入場だったので、残念ながら写真はありません007.gif
それにしても、想像以上に広いですね!
言うまでもなく、全部を観て回るのは不可能なので、
外せないもの(私たちの中で)だけを、観て回りました。

「ミロのヴィーナス」「サモトラケのニケ」「モナリザ」
「民衆を導く自由の女神」「ナポレオン1世の戴冠式」

たったこれだけですが、結構な時間がかかりました。
子どもたちも予め予習(?)をした上での観賞だったため
十分に楽しめたようです001.gif

今回の旅行中に知り合った日本人女性は、約1週間ほどの予定でパリに来たそうです。
その目的が「ルーヴル美術館制覇!」
以前にもパリを訪れたことがあるそうなのですが
ルーヴルを観きれなかったとのこと。
そのため、今回はご主人とお子さんを日本に残して単身でいらしたそうです。

子育てが一段落して、目的を絞って訪れる旅行。
素敵ですね。
私もいつか、そんな旅行がしてみたいと、ちょっと憧れてしまいました。
[PR]
by eco1031 | 2010-11-09 13:56 | 旅行 Paris
カテゴリ
最新の記事
フィルミレンゲ!
at 2012-03-26 13:43
マカロン
at 2012-02-03 14:11
可愛すぎるtea time
at 2012-01-27 16:03
日本人学校 もちつき大会
at 2012-01-21 21:50
掛川城
at 2011-12-30 20:42
以前の記事
フォロー中のブログ
Link
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧