人気ブログランキング |

Living in India


インド・デリーの駐在生活
by eco1031
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2010年 12月 25日 ( 1 )

久能山東照宮

a0169084_1665413.jpg

きれいに晴れ渡った、でも冷たい風が吹きすさぶ中、
高速を走り、久能山東照宮に行ってきました。

日本平パークウェイを走り、ロープウェイで東照宮まで。
葵の御紋が大きく描かれたロープウェイでおよそ5分。

きらきら光る駿河湾と、石垣イチゴのハウスを見ながら
ガイドさんの楽しいお話に耳を傾けました。
私は東照宮といえば、日光と久能山だけだと思っていたのですが
全国に600以上も東照宮があるそうです。
まさに、徳川家康公は権現様、神様なのですね。

a0169084_16142388.jpg

このたびめでたく国宝に指定され、改修工事も終了した東照宮。
日光の東照宮はキラキラした華やかな印象ですが、
久能山の東照宮は黒をベースとした落ち着いた感じ。
黒に華やかな色彩が引き立っていました。

家康公のお墓は西向きに建てられています。
生まれ故郷の岡崎と、その先の京の都を眺めているといわれています。

最近、子どもの影響もあり、歴史を少々勉強したのですが
実際に、このような史跡に足を運ぶと
自分の知識が裏打ちされてためになりますね。

東照宮を見た後は、その勢いで静岡市美術館「家康と慶喜」展へ。
a0169084_16294068.jpg

a0169084_16305723.jpg

こちらの美術館は今年の5月にオープンしたばかりの新しい美術館です。
モダンな雰囲気の素敵な美術館。
広いエントランスホールはカフェになっていて、
美術鑑賞後にお茶をいただくのにいいですね。

今回鑑賞した「家康と慶喜」展ですが、
初代将軍家康のエリア、15代将軍慶喜のエリアに分かれ
書や甲冑、愛用品等が展示されていました。

そして徳川幕府の歴史がわかりやすく解説され
とても興味深い内容でした。

中でも、幕末から明治時代にかけて生きた慶喜には
将軍というだけではなく
近代に生きた趣味人としての一面があり、
その芸術に対する造詣の深さに大変驚かされました。

書、油絵、写真等、本人の手によるものを実際に目にすると
徳川慶喜という人は、いったいどんな人物だったのだろうかと。

歴史大好きな子供たちの気持ちがちょっとわかるような気がした一日でした001.gif
by eco1031 | 2010-12-25 20:05 | living in Japan
カテゴリ
最新の記事
フィルミレンゲ!
at 2012-03-26 13:43
マカロン
at 2012-02-03 14:11
可愛すぎるtea time
at 2012-01-27 16:03
日本人学校 もちつき大会
at 2012-01-21 21:50
掛川城
at 2011-12-30 20:42
以前の記事
フォロー中のブログ
Link
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧